夢精

神秘的な夢精

夢精は寝ている時に無意識に起こる射精の事で、英語ではwet dreamと言います。
女性の裸など性的な夢を見てペニスが勃起し、自然に射精します。
主に思春期の男子に多く起こり、成人するとほとんどしなくなりますが、中には中高年でする人も居ます。

 

夢精のメカニズムは医学的にはほとんど解明されていません。
まだまだ謎に満ちていて、人体の神秘とも言えます。
ただ、思春期に作られ過ぎた精子を自発的に出す為に起こるのは間違いなく、大人になって経験する事はほとんどありません。

 

「精通」は男の子の初めての射精の事ですが、昔はほとんど夢精で経験していました。
思春期に体が成熟して精子が作られると、性的な知識が無くても自然に夢精で精子が出され、大人になった事を自覚したのです。

 

しかし近年はネットの普及などで性的知識を持った子供が多く、オナニーを覚える歳が低年齢化しています。
夢精は溜まり過ぎた精子を出す現象なので、日常的にオナニーしていると起こりにくいです。
その為、年々夢精の経験が無い若者が増えています。

 

僕は性的な事に疎く、オナニーを覚えたのがかなり遅かったです。
だから精通は夢精だったし、その後もオナニーを覚えるまでの間、たくさん経験しました。
夢精の達人と言えるかもしれません。

 

射精に興味を持つ様になったのも夢精を経験した事が原点です。
夢精を経験した事が無い人の為に、僕の体験から夢精の魅力をご紹介します。